先の見えない人生

私は48歳の未亡人です。一人暮らしをしています。

こんなに早く一人になってしまうとは夢にも思っていませんでした。

きっと主人も同じ気持だったのだと思います。
死はまだ先の事として何も準備してありませんでした。
私たち夫婦は長年自営業を営んできましたが私一人では続けていけません。
もったいないですが工場を片付けました。

しばらくは色々片付けたり気持ちの整理などで過ぎて行きましたが、保険に入ってなかったので何の保証もなく仕事もできなくなって無収入の状態です。
私は持病があり外へ働きに行くのも難しく年齢的にも大変です。
今は少ない貯金で生活していますが先は見えています。

根本的に一番問題なのは私が生きようという気持ちが足りないからだと分かっています。
一人になってから怖いと思う事も無くなりました。

何があってももう私ひとりだからいいかとすべてに諦めてしまうんです。

そんな私を気にしてくれる人達に元気なふりを平気なふりをして心配かけないようにしていますが、
毎日が苦しくて辛くてしんどいです。

生活保護を考えるように言われたりしますが、そこまでして生きなくていいやと思ってしまうんです。
でも自殺願望があるわけではありませんし死にたいと思うわけでもありません。

先の事が全く考えられません、見えません。
きっとまだ時間が必要なんでしょうね。(-_-)